教育・保育理念

社会福祉法人白菊福祉会の運営するいずみこども園は、教育基本法・児童福祉法及び就学前の子どもに関する教育・保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づき、乳幼児の教育・保育を行う施設である。教育・保育にあたっては、子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し合わせて、地域における家族援助と共に、子育て支援を行う。
未来に向かって限りない可能性を秘めた子ども達が、自分らしく豊かに現在を歩き、未来を創り出していく力の基礎を培う。

教育・保育の基本方針

1.子どもの健康と安全を基本にして、保護者と協力して教育・保育を行う。
2.子供が健康・安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、一人一人の子どもの心身の発達を図る。
3.養護と教育が一体となって、豊かな人間性をもった子どもを育成する。
4.地域における子育て支援のため、乳幼児に関する相談に応じ、社会的責任を果たす。

教育・保育の目標

元気に遊べる子・優しく思いやりのある子・力いっぱいがんばる子に育つように……
1.自分から興味や関心を持って働きかけようとする意欲を育てる。
2.人とかかわるコミュニケーション能力を育てる。
3.美しさ、不思議さ、優しさなどを感じ取る体験から豊かな心を育てる。
4.基本的な生活習慣を身につけ、健康な生活を営む力を育てる。

いずみこども園へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 いずみこども園